ポケベルが終わる

投稿者: | 2004/05/31
ちょっと前のことだが、NTT DoCoMoがポケットベル(クイックキャスト)の新規受付を6月いっぱいで終了すると発表した。

僕がポケベルと出会ったのはいつだっただろうか。まだ女子高生たちが使い始める前だったと思う。
マシンが落ちるとポケベルが鳴るような仕組みを自分で作ったりして使っていた。

そのうちに、WIDE Projectでも同じような仕組みを作ったり研究したりしている人たちが居ることを知り、一緒に研究するようになった。漢字が出るポケベルを使ってメールをポケベルで読むなんてこともやってみていた。

そのうち、NTT DoCoMoのポケベル担当の人たちとのパイプも出来き、いろいろと機能追加のアイデアなどを伝えることも出来た(実際いくつかの提案は取り入れられている)。
もう時効だろうからばらしちゃうと、NTT DoCoMoさんがweb上からポケベルにメッセージを送るサービスを行ったのだが、その最初の試験運用的
バージョンを作ったのは、私でした。裏では、WIDE
Projectで研究されていたWIDE PCSというシステムが動いていたんですが、そのシステムと連携するCGIやらhtmlやらは僕が書いたもので
した。その後、もっとちゃんとしたシステムが出来て、私のページはお役ごめんになりました。

いまや携帯メールが当たり前になったが、ポケベルでやり取りをしたのが懐かしい。僕がSFCに行き始めた頃にはまだ携帯もっている人が少なかったから、ポケベルも結構使われていた。結構ヘビーに使っていた。

実はいまだに、僕の手元では1台ポケベルが生きている。料金が発信者の負担になるタイプなので、維持費がかからないからである。
ポケベルって周波数の関係で、携帯の電波の入りにくいところなどでも鳴ってくれるんですよね。たまに携帯が入りにくいところへ行くときなどはポケベルを
持っていっている。いろいろなシステムを監視する人はいまだにポケベルを使っているのは、そういう理由らしい。そのポケベルがなくなってしまうとそういう
人たちはどうするのだろう。携帯メールで大丈夫なのだろうか?

なんか支離滅裂に書いてきましたが、ポケベルの時代も終わりなんだなぁというなんか寂しさを書いてみたつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です