iPhoneは今までのiPodと電源周りが違う?

投稿者: | 2008/07/18

iPhoneだが、電池の減りが激しい。電話機能だけをONにした状態で一日放置しただけでも、電源残り10%とかになる。

で、今まで使っていたUSB給電器をいろいろ試してみたのだが、使えたり使えなかったりする。

はっきりしているのは、電源レベルが「赤」まで減ってしまうと、使えない機器が大幅に増えることである。こうなってしまうと、ほとんどのバッテリー式USB給電器と一部のコンセント式USB給電器が使えない。PCのUSB端子でもだめな場合がある。

付属のコンセント式USB給電器で、バッテリーレベルが「緑」になれば、たいていのものが使えるようになる。単に電気を大食らいするからかもしれないが、外出中には、なかなかコンセントが借りられないので、これって結構不便である。

また、今までのiPodで使えていた機器も正式にiPhoneに非対応を表明している機器もある。JBLのiPod専用スピーカなどがそうだ。私もJBL on staiton™を愛用しているが、これも正式に非対応が表明された。やはり充電に問題があるようである。残念である。

正式に対応される商品がいろいろ出るのを待たないといけないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です